感想「入学!君咲学院」[新入生]エピローグ:①~②

TOP > CATEGORY - 感想「入学!君咲学院」

[新入生]エピローグ:①


 あずさのため何度もまりに挑戦したひめのであったが、結局勝負に勝つことはできなかった。

 それどころかまりに本気を出させることもできず、ひめのは手のひらで踊らされた感覚を味わっていた。


 さすが君咲体育会系のビッグ・マムである。

 そんだけ技術があるなら徒野に行った方が良かったんじゃないかと一瞬思ったけど、お家が名家だから君咲を離れられなったんだろうな。

 それを考えたら少し悲しくなった。 



 「えへへ。その前に、あなたって『あずにゃん』さんですよね?」 


 ひめのからキツイ一撃をもらったあずさは体調をくずし保健室へ向かう。それを追いかけたくるみたちは再び出会う。

 くるみがあずさを追いかけていたのはちづるの思いを伝えたかったからだ。

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 小鳩あずさ 雉子すみれ 氷野くるみ 熊沢ひめの

感想「入学!君咲学院」[新入生]新展開:第一話~第四話

TOP > CATEGORY - 感想「入学!君咲学院」

[新入生]新展開:第一話


 (つ、疲れたあ……。さすがにもう、動けないよお)


 ブレーキの壊れたダンプカーと化していたひめのもようやく落ち着きを取り戻そうとしていた。

 しかし、冷静になったがゆえに自分のしでかしたことに血の気が引いていしまう。

 ひめのの通った後には、屋台が無残に倒れ散らばっていた。


 ひめのはこれまでも制御できない力に翻弄されてきた。

 これ以上迷惑をかけぬよう、青春を諦めようと考え始めてしまう。 


 彼女の今までの生い立ちを考えれば、そう考えてしまうのも無理からぬことだ。

 アメイジング・スパイダーマンなんかでも、突然パワーアップしたせいで生活用品壊すシーンがあるけど、ひめのの場合はそれが続いている感じだ。

 壊したら周りに迷惑をかけることになるし、陰鬱な気分になってしまうのもわかる。 


 
 しかし、そんなひめのをあずさは追いかけ、友達になろうと呼びかける。

 今まで自分を押し殺してきたあずさは、ひめのに自分と似た境遇を感じていた。

 そして、問題児の先輩たちとはまごまごしているうちに疎遠になってしまったこともあり、あずさは積極的にひめのと関わろうとするのであった。

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 小鳩あずさ 熊沢ひめの 雉子すみれ 氷野くるみ 砂賀みどり 八雲ちづる 花丘まり

感想「入学!君咲学院」[新入生]新人類:第一話~第四話

TOP > CATEGORY - 感想「入学!君咲学院」

[新入生]新人類:第一話


 『入学前夜祭』で熱烈な歓迎を受けたくるみは驚いた。

 みんな普通と違ってどこか『変』。

 今まで普通でないことで疎まれていたくるみは、この学校でなら自分も馴染めるかもしれないと淡い期待を寄せていた。


 君咲学院は腐ってもお嬢様学校なので、確かに常識的感覚が養われていない生徒は多いかもしれない。

 今まで個性を隠してきたくるみも、君咲ではありのままにレリゴーできるだろう。


 そんなくるみの瞳に花壇の脇で落ち込んでいる妖精さんが映る。

 グリーンの衣装に身を包んだみどりだ。

 ちづるに無理やり参加させられたあげく、ビラ配りを任されたみどりはひとり途方に暮れていた。

 そんなみどりに、くるみは元気が出るようにと『くるみドリンク』なるものを飲ませようとする。


 おっとここでみどりに死亡フラグだ! 

 
 くるみの料理と言えば合金製のお弁当箱を溶かし、悪霊を退散させる力を持った物質だ。

 現在のくるみを知っているならまだしも、今のみどりはくるみの料理のヤバさを知らない。

 このままではみどりの人間不信が悪化してしまう。

 いや、悪化するだけならまだいいが、さいあくホントに畑の肥料になってしまう!


続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 小鳩あずさ 氷野くるみ 砂賀みどり 八雲ちづる 花丘まり

感想「入学!君咲学院」[新入生]新世界:第一話~第四話

TOP > CATEGORY - 感想「入学!君咲学院」

[新入生]新世界:第一話


 転校生が君咲へ転校してくるまでの間に、あんずはれいかに敗れ学院を去り、すずは中二病を患いやこは海外へ出奔。

 さらに新聞部の軋轢やまりの膝が故障などなど。

 このころの君咲学院に浮いた話などほとんどなく、暗い雰囲気が立ち込めていた。


 そんな状況を打開すべく、新生徒会は『入学前夜祭』を企画していた。

 主に新入生に向けて屋台だしなどをするイベントだ。


 ちづるも楽しい学校生活を取り戻すべく『入学前夜祭』を手伝う。

 さっそく緑化委員の後輩で部員の少なさで悩んでいたみどりに声をかける。

 しかし、みどりは植物と会話するのに忙しく、ちづるにはそっけない態度であった。


 当時のみどりは現在より人間に対して不信感を抱いていたようだ。

 ある種狂信的なこのみどりだったら台風でも花壇を確認しに行ってしまうだろう。

 むしろ、台風で死にかけたときに桜の木に助けられたことで、植物に対して変な信仰心が生まれてしまったのかもしれない。([台風]命の花:第三話


 いまのみどりからあの朗らかなお母さんオーラをまとったみどりになるとはとても思えない。

 一体くるみに何をされたんだろうか……?


 くるみドリンクで死にかけた所を救われたら、人間に対しても少しは警戒を解くかもしれない。

 生死の境をさまようと人生観変わるしなぁ。

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 小鳩あずさ 熊沢ひめの 雉子すみれ 氷野くるみ 三波なつみ 冴木もも 砂賀みどり 八雲ちづる 花丘まり

感想「入学!君咲学院」[新入生]新入生:第一話~第三話

TOP > CATEGORY - 感想「入学!君咲学院」

[新入生]新入生:第一話


 女子高生らしいことと言えば、お化粧や服を買って身だしなみを整えたり、放課後にゲームセンターに遊んだり……そして買い食いである。


 すみれとあずさは『女子高生』らしいこととして、『たこ焼きを買って分け合う』というのをやっていた。

 そのたこ焼きはトッピングのかけすぎてお世辞にもおいしいとは言えなかったが、2人の中では楽しい思い出のひとつとなった。


 そんなふたりを陰から除くものがいた。

 同じく君咲学院に合格した氷野くるみである。

 
 いや、むしろたこ焼きを作っていたのがくるみだと思ってた。

 でもくるみが作ってたらあずさとすみれは完食できなかったか。


 中学時代のくるみは、周りから浮いた存在として奇異の視線にさらされていた。

 そのため、高校に入学したらなるべく普通に。なるべく周りに合わせて生活しようと考えていた。


 それが現実には達成されず、くるみは個性を全開放する結果となってしまった。

 良いんだよ! 君咲学院ではみんなが個性を出しあってアンサンブルを奏でられる環境なんだから!

 それがひまりの望んだ学院なんだから!


 でも、くるみが周りに合わせてくれたらどれだけの人間が救われていたことだろうか。

 主に料理関係で。特にみどり部長はくるみの料理で相当手を焼くことになる。(砂賀みどり

 中学時代に自分好みの味付けができなくて、高校になってタガが外れてしまったが故にあんな料理をつくるようになったんだろうなぁ。

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 小鳩あずさ 雉子すみれ 氷野くるみ 熊沢ひめの

ツイート
転校生の数
おススメ記事
カテゴリ
登場キャラタグ検索
サイト内検索
あんガル書籍ッッ!!
全生徒入場
クトゥルーあんさんぶる!1話
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ヘッダー一覧
つばさヘッダー@風流さん 2017/4/30 風流さんより 選挙管理委員会ヘッダー@ななおさん 2017/4/4 ななおさんより しずくヘッダー@抹茶翠 さんより 2017/4/1 抹茶翠さんより まりあヘッダー 2014/9/4 初咲さんより(自演) そら ヘッダー 2014/9/4 初咲さんより(自演) まいヘッダー 2014/11/2 初咲さんより(自演) こよ ヘッダー 2015/8/22 初咲さんより(自演)
QRコード
QR
相互リンク募集中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注意
当ページは、Happy Elements株式会社「あんさんぶるガールズ!」の画像を利用しております。 該当画像の転載・配布等は禁止しております。 (c)Happy Elements株式会社