感想「ちいさなかいちょおのメロディ」[メロディ]エピローグ

TOP > CATEGORY - 感想「ちいさなかいちょおのメロディ」

[メロディ]エピローグ


 ひまりが夢の世界でるりと対話している間、『クラス懇親会』は滞りなく進んでいた。

 カラオケ対決に負けたかえでやちょっとした悪ノリでさくらもアイドル衣装に着替え、終始和やかな雰囲気だ。


 実際、れいかの腰巾着の春秋コンビとすずが肩を並べて話すって、すごい光景だよね。

 そういえば、やこぶーと違ってすずがれいかを怨んでるみたいな描写は記憶にないな。(メインストーリーであったかもしんないけど。)(円城寺れいか湖南やこ


 サンの提案でみんな揃って合唱することになったB組。

 全員ではないとはいえ、B組が協力して何かをするというのはこれが初めてのことだ。


 目覚めたひまりも加わり主催として合唱の音頭を取る。

 クラスメイトが打ち解け笑いあい、ひまりの目指した学院にまた一歩前進するのであった。


*登場人物:鶴海ひまり瀬川かえで伊藤さくら岩戸サン久坂あやめ八壁ひかる黒森すず

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 鶴海ひまり 八壁ひかる 久坂あやめ 伊藤さくら 瀬川かえで 黒森すず 岩戸サン

感想「ちいさなかいちょおのメロディ」[メロディ]ダ・カーポ:第一話~第五話

TOP > CATEGORY - 感想「ちいさなかいちょおのメロディ」

[メロディ]ダ・カーポ:第一話


 カラオケで場所取りをしていたすずと合流するB組の面々。

 すずは謹慎中を良いことに場所取りをさせられていた。

 なかなかやってこないクラスメイトにすずは不機嫌になっていた。


 ってすずいるんかーい!


 謹慎中なのにカラオケ来ちゃダメでしょ!

 前回いなかったからクラス懇親会には来ないのかと思ったのに!!

 
  
 すずの待つカラオケルームに現れたひかるとあやめはアイドル衣装に着替えての登場だ。

 あやめの入れ知恵で、ひかるはカラオケでは『こういう』衣装を着るものだと教えられていた。

 一方、かえではひかるにかわいらしい恰好をさせるあやめに悪態をつく。

 
 かえでさんは初恋の相手にはいつまでもかっこいいままでいてほしいんだろうな。

 しかしあやひかのカップリングにかえでさんが勝てるとはとても思えないのが残念なところだ。

 ここでフラストレーションを貯めてしまうと、ももっちにとばっちりがいってしまいそうである。

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 鶴海ひまり 八壁ひかる 久坂あやめ 伊藤さくら 瀬川かえで 黒森すず 水嶌うしお 天宮るり 岩戸サン

感想「ちいさなかいちょおのメロディ」[メロディ]カンタービレ:第一話~第四話

TOP > CATEGORY - 感想「ちいさなかいちょおのメロディ」

[メロディ]カンタービレ:第一話


 黒森家の訪問から一夜明け、ひまりは解決案を思いついた。

 それはクラスメイトたちが交流する『クラス懇親会』を開くことであった。

 
 こういった企画に珍しく乗り気なかえでの一方、あやめは怪訝な顔を見せる。

 あやめは以前 難癖をつけられてかえでのことをあまり良く思っていないようだ。


 そしてあやめは知らないが、実はかえで、あやめ、ひかるの3人は幼馴染で、あやめはかえでにいじめられていた。

 そのあやめを守っていたのがひかるで、ひかるはかえでの初恋の人というなんともドロドロした関係だ。

 ここらへんの話は『ジュエルガチャ』で語られているので詳しくはサブストを開放だ!! 
  

 話を戻して、そんなわけでかえではひかるとお近づきになりたいがために『懇親会』に賛成しているようだ。

 普段だったらこういう企画は真っ先に反対しそうなのにね。

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 鶴海ひまり 水嶌うしお 瀬川かえで 伊藤さくら 天宮るり 岩戸サン 久坂あやめ 八壁ひかる

感想「ちいさなかいちょおのメロディ」[メロディ]アンダンテ:第一話~第五話

TOP > CATEGORY - 感想「ちいさなかいちょおのメロディ」

[メロディ]アンダンテ:第一話


 (すご~い! た~のし~っ!)


 『生徒会長再任選挙』も終わり、ひとつ肩の荷が下りたひまりは上機嫌で登校していた。


 再任選挙のせいでひまりのやりたかったことはほとんどできずにいたのだから当然である。

 ひまりは卒業間近にできずに終わったことへの未練を口にしていた。([ショッピング]哀:第三話) 

 再任選挙がなければそのうちのひとつくらいは実現できたろうに。



 ひまりがこれからの行事についてあれこれ考えていると、正面の生徒が目に留まる。

 君咲学院一の大天才、天宮るりである。


 るりはガードレールの上に立ち、何やらはしゃいでいた。

 難解なるりの話を要約すると、『特異点』を見つけたことを喜んでいるようだ。

  
 るりの言う『特異点』とは、おそらく我らが転校生くんである。

 彼女は時折転校生くんのことを『特異点』と呼ぶのだ。([賀正]時国そら:第二話


 ちなみに話の内容から察するに、今のるりは『この時間軸のるり』っぽい。

 つまりはひな祭りに出てきたるりと考え方が微妙に違う。([桃の節句]ねがいごと:第二話


 『この時間軸のるり』は人をあまり信用していないし、なんなら転校生くんに凶刃を向けたりする。

 何をするかわからない火薬庫のような存在である。([賀正]時国そら:第二話
 
   
 るりが『特異点』を求めるのはやっぱりタイムスリップのためだろうか。

 ただ、転校生くんを使って移動できるのは彼が君咲にやってくる前後のあたりまでっぽい。

 るりが達成したい『ほとりとの関係改善』までやろうとすると転校生くんでは足りない気がする。


続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 鶴海ひまり 黒森すず 瀬川かえで 伊藤さくら 天宮るり 岩戸サン 久坂あやめ 八壁ひかる

感想「ちいさなかいちょおのメロディ」[メロディ]:プロローグ

TOP > CATEGORY - 感想「ちいさなかいちょおのメロディ」

[メロディ]:プロローグ


 4月は新しい学校や社会に入り、世間的には忙しい季節である。

 それは君咲学院においても変わらない。

 特に転校生がやってきた今年は『生徒会長再任選挙』などもあり大わらわであった。(記事一覧:4月


 再任選挙の過程で意気投合し、親友となったひまりとはじめは、転校生とともに仲良くカラオケにやってきた。

 はじめは女子高生らしいこととして、たまに転校生を連れてカラオケに行っているのである。


 ひまりも生徒会長として板についてきたと評するはじめ。

 転校生もひまりの元で充実した毎日を送り、青春を満喫していた。


 そのせいか、年度末になると転校生くんはひまりリスペクトがすごすぎて若干引いてしまうほどになる。([桃の節句]ひなまつり:第三話

 再任選挙が終わったあたりで覚えた『頼られないことへの不安』も、ひまりへの依存度を高める要因になっている気がするな。

 だって、ひまりのそばにいれば転校生くんの求めてやまないお仕事が与えられるんだもの。([ブライダル]:エピローグ①


 なんか、転校生くんにとってのひまりは充実感を与えてくれるドラッグみたくなってるな……。


*登場人物:鶴海ひまり神樹はじめ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 鶴海ひまり 神樹はじめ

ツイート
転校生の数
おススメ記事
カテゴリ
登場キャラタグ検索
サイト内検索
あんガル書籍ッッ!!
全生徒入場
クトゥルーあんさんぶる!1話
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ヘッダー一覧
つばさヘッダー@風流さん 2017/4/30 風流さんより 選挙管理委員会ヘッダー@ななおさん 2017/4/4 ななおさんより しずくヘッダー@抹茶翠 さんより 2017/4/1 抹茶翠さんより まりあヘッダー 2014/9/4 初咲さんより(自演) そら ヘッダー 2014/9/4 初咲さんより(自演) まいヘッダー 2014/11/2 初咲さんより(自演) こよ ヘッダー 2015/8/22 初咲さんより(自演)
QRコード
QR
相互リンク募集中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注意
当ページは、Happy Elements株式会社「あんさんぶるガールズ!」の画像を利用しております。 該当画像の転載・配布等は禁止しております。 (c)Happy Elements株式会社