感想「大異変*記憶の君と銀河鉄道」[大異変]エピローグ:①~③

TOP > CATEGORY - 感想「大異変*記憶の君と銀河鉄道」

[大異変]エピローグ:①

 満点の星空の下、るりに起こされほとりは目覚める。
 といっても体育館に照らされたプラネタリウム。
 君咲生はブラックホールから脱出できたようだ。

 完全復活したるりはほとりにデレデレ、コスモデレだ。(語呂が悪い)
 未来を護るためにこのるりが経験した時間は想像を絶する。
 まどマギのほむらと同じ感じだと思う。
 だからほとりへの愛が増しているんだろう。

 
 懇親会の時間軸に帰ってきたのは良いがこの世界は不可思議な現象が起きすぎている。
 修正しなければならない世界だ。そのためほとりとるりの再開は『なかったこと』になる。
 
 ならばせめて楽しいひとときを過ごそう。
 ほとりはるりを誘う。
 
 るりが君咲生に『最高のプレゼント』を与えていたように、ほとりもるりに『最高のプレゼント』を用意しようとしていた。
 一緒に宇宙を目指そうとしていたことだろう。
 そのせいで仲直りに時間がかかってしまった。

 本来ならひとこと謝れば済む話だったのだ。

 
 胡蝶の夢と消える世界ではあるけれど、昔のようにふたり一緒の時間を楽しむほとりとるり。
 こうしてまた手を繋ぐ未来へふたりは歩き出していた。

 



 

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 神無月ほとり 天宮るり 三波なつみ

感想「大異変*記憶の君と銀河鉄道」[大異変]プレゼント:第一話~第四話

TOP > CATEGORY - 感想「大異変*記憶の君と銀河鉄道」

[大異変]プレゼント:第一話

 宇宙を漂流していたうしおを助け、銀河鉄道は目的地らしい不思議な草原に停車した。

 新旧ちづるコンビは笑い合いながらはしゃいでいた。
 同じ人間だから馬が合うんだろうな。

 そんなちづるにゆきは猫耳メイドの修行をつけてくれるように頼む。
 懇親会のときのゆきちゃんはここで練習したようだ。
 ちょっと海王星へ向かった悟空っぽい。


 成長の一歩を踏み出したゆきを見てなつみは思う。
 自分が小さくなったのは転校生と一番仲がよかったころに戻りたかったのではないか。
 弱腰の自分を見つめなおし振り返っていた。

 そうしてなつみもまた成長しようとしていた。 



 

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 花丘まり 神無月ほとり 三波なつみ 北川ゆき 八雲ちづる 天宮るり

感想「大異変*記憶の君と銀河鉄道」[大異変]銀河鉄道:第一話~第二話

TOP > CATEGORY - 感想「大異変*記憶の君と銀河鉄道」

[大異変]銀河鉄道:第一話

 そしてようやく舞台は車内に戻る。
 長い長い回想を終えたまりはこの『銀河鉄道』が何なのかを語る。
 ここはほとりの夢の中だ。
 まりや異変が起こった生徒たちは彼女の夢で一緒に特異点に向かっているのだった。
 

 しおんの推測によると、世界の法則を書き換えられるようになったるりの目的は『幸せな未来』を保つこと、君咲生が幸福になるように修正することであった。
 しかし、るりの不在によってそこかしこで願いがかなう事態が発生してしまったようだ。

 そういえば、るりはよくいたりいなかったりするけど存在が不安定なのかもしれない。
 今回の事件はそれの最上位版といったところだろうか。


 この神に等しい力をふるっている、今いなくなっているとされるるりは過去に飛んで行ったるりだろうか。
 るりが『幸せな未来』にたどり着いたのはこのあたりなのでたぶん間違いない。

 そしてこのるりは、転校生にこの1年をやり直すというか、少し改変しても良いというお達しを出している([時代劇]エピローグ:③
 あくまで予想だけど君咲生の願いをかなえる役目を果たしてるのはどうも転校生っぽい気がする。

 
 『幸せな未来』にたどり着いたるりがいなくなる理由を考えると、改変派である別世界線のるりに何かされてしまった可能性が高い。
 銀河鉄道の行きつく先は殺伐とした戦場かもしれない。


続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 神無月ほとり 花丘まり 水嶌うしお

感想「大異変*記憶の君と銀河鉄道」[大異変]神の不在:第一話~第二話

TOP > CATEGORY - 感想「大異変*記憶の君と銀河鉄道」

[大異変]神の不在:第一話

 久々に本領を発揮したまりにしおんは笑いを堪えきれずにいた。
 ライバル同士のあつい? 友情だ。

 しおんとほとりは図書室で異変の原因を探っていた。
 あずさたちが見つけたアルバムから「足りないもの」を探しだし、それが何なのかを調べる作業だ。

 
 図書室に来るまでにまりは様々な異変を見せつけられていた。
 人が空を飛んだり女が男になったり、過去の自分と仲良くしたりと千差万別の事象だ。
 だが、どうやらすべては誰かの願望が具現化したことが起こっているようだ。
 
 ゆきちゃんがちいさくなったことに驚いてないのは願望が成就したからというのもあったのかもしれない。


 今の状態をしおんは『原作を蔑ろにした二次創作』に例えていた。
 その原因たる人物をほとりは口にする。
 その人物は、やはり『天宮るり』であった。


続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 神無月ほとり 花丘まり 峰山しおん

感想「大異変*記憶の君と銀河鉄道」[大異変]交差点:第一話~第三話

TOP > CATEGORY - 感想「大異変*記憶の君と銀河鉄道」

[大異変]交差点:第一話

 なつみを肩車しながら転校生たちはまりとの待ち合わせ場所、A組のメイド喫茶へむかう。
 なつみは、ついにみさきの専用スペースにも手を付けた。
 これが正妻の底力である。

 
 肩車されたなつみは昔を思い出していた。
 遊び疲れたふたりをあんずが抱っこと肩車で連れ帰ってくれた記憶だ。

 当時のアンジーはどんだけタフネスだったんだ。 

 分散しているとはいえ、小中学生に自分の倍以上ある重量のものを運ぶことができるのだろうか。
 と思ってたらなつみも同じところを突っ込んでくれた。
 この世界の基準でもあんずの馬力は称賛に値するようだ。

 将来的には転校生も同じような能力を得る。
 これは血筋よりも転校生の家で出される食事に秘訣がありそうだ。

 
 なつみはそんなあんずの精神面の方に憧れていた。
 これは転校生も同じだったかもしれない。
 にもかかわらず転校生を尻に敷き、連れまわしていた。 

 そんな過去の自分をなつみは、転校生を物理的に尻に敷いてる状態で反省していた。
 
 まあ転校生はあんまり主体性のある人間じゃないから気にしてないかもしれない。
 連れまわされることで自分の知らない世界を見れるっていうのもあるし。

 連れまわされすぎて主体性がなくなっちゃった可能性もなくはないけど。


続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 花丘まり 北川ゆき 三波なつみ 小野ちよ 高原ちあき 久坂あやめ

ツイート
転校生の数
おススメ記事
カテゴリ
登場キャラタグ検索
サイト内検索
あんガル書籍ッッ!!
全生徒入場
クトゥルーあんさんぶる!1話
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ヘッダー一覧
つばさヘッダー@風流さん 2017/4/30 風流さんより 選挙管理委員会ヘッダー@ななおさん 2017/4/4 ななおさんより しずくヘッダー@抹茶翠 さんより 2017/4/1 抹茶翠さんより まりあヘッダー 2014/9/4 初咲さんより(自演) そら ヘッダー 2014/9/4 初咲さんより(自演) まいヘッダー 2014/11/2 初咲さんより(自演) こよ ヘッダー 2015/8/22 初咲さんより(自演)
QRコード
QR
相互リンク募集中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注意
当ページは、Happy Elements株式会社「あんさんぶるガールズ!」の画像を利用しております。 該当画像の転載・配布等は禁止しております。 (c)Happy Elements株式会社