感想「純情*愛いっぱいのバレンタイン」[愛の贈答]エピローグ:①~②

TOP > CATEGORY - 感想「純情*愛いっぱいのバレンタイン」

[愛の贈答]エピローグ:①


 母の無事を確かめ君咲学院に戻ってきたそらと転校生。

 オカ研の部室では疲れ切ったそらを双葉姉妹とうしおが暖かく出迎えてくれた。

 そしてみんなでバレンタイン兼手術成功パーティを始める。


 ちなみにバレンタイン当日の転校生くんはというと、まりあと保健室でひとしきりイチャイチャしたあと複数の生徒からチョコをもらい、泣き出したなつみを放課後まで放置してた日である。([バレンタイン]三波なつみ:第一話)

 この時のなつみさんには正直同情してしまう。


 みんなからチョコをプレゼントされた転校生は当然泣き出してしまう。

 それは、兵馬俑のように並ぶ等身大うしおチョコのせいではない。

 義理で渡されたチョコが先輩たちの卒業を連想させてしまったからだ。


 最初に転校生くんが気落ちしてたのは、ヘルプマンのアイデンティティが崩壊したからでもくるみチョコのデスマーチでもなかったようだ。

 この時期は先輩の引退やら卒業やらで別れも多い。

 転校生くんも人並みに別れを惜しめる人間だったようだ。


 転校生の涙が移り、全員が泣き出して抱き合う。

 そして卒業しても友情が変わりないことを確かめ合うのであった。


 だがしかし。みなさんお気づきだろうか……。

 この3年生たちの中に、  


 卒業できなかった生徒が混じっていることに……。

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 鶯木こはる 御影かすみ 双葉みづき 双葉みなづき 時国そら 水嶌うしお

感想「純情*愛いっぱいのバレンタイン」[愛の贈答]hearing:第一話~第五話

TOP > CATEGORY - 感想「純情*愛いっぱいのバレンタイン」

[愛の贈答]hearing:第一話


 冬の日暮れは早く辺りはうっすらと夕焼け色に染まる。


 チョコも完成し、そらは作り方を教えてくれたかなえとも少しだけ距離を縮めることができた。

 しかし、まだまだ距離の詰め方は苦手。うまく会話が続かずに落ち込んでしまう。

 そんな風にそらが他人との距離を考えるようになった理由をきこは『恋』が原因だと考えていた。
 

 きこはなんでも恋愛関係に持っていくなァ。

 ホントは女子高生らしく恋バナもしたいんだろうけど、かなえはあんまりしなそうだし。

 同じクラスだとゆきちゃんあたりは恋バナしてくれそうだけどどうだろう。(北川ゆき)

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 三善かなえ 早川きこ 御影かすみ 双葉みづき 双葉みなづき 時国そら 水嶌うしお

感想「純情*愛いっぱいのバレンタイン」[愛の贈答]taste:第一話~第五話

TOP > CATEGORY - 感想「純情*愛いっぱいのバレンタイン」

[愛の贈答]taste:第一話


 「みづきと!」

 「かすみの~……?」

 「バレンタインくっきんぐ~☆」 


 オカ研の部室に戻ってきたみづきたちはバレンタインのチョコ作りを始める。

 今回作るのは「等身大うしおチョコレート」だ!

 これはみづきの発案で、「いかりがうしおにチョコをかけないように、先にうしおの形をしたチョコを作ってしまおう」と考えてのことだ。 


 いや、でも先に書いたけど、バレンタイン用のチョコに他人の形したチョコを渡すってどうなんだろうか

 たとえばなつみが転校生くんにさあやの形をしたチョコを渡すということだ。

 これでなつみの思いは伝わるのだろうか。たぶん伝わらないだろう。


 みづきはいかりがなんでうしおにチョコをまぶしているのかはき違えている気がする。

 まだ自分にチョコをかけて渡す前の実験台としてうしおを使っていたとする方がわかる。というかやってほしい。
   

 とは言っても君咲生はたまに奇行に走る生徒もいるので、いかりもチョコをかけたうしおを渡して喜ぶと思っているのかもしれない。

 そういえばひびきならギリギリ喜びそうだな。

 それかネコは自分で狩った獲物を自慢しに来るらしいから、いかりがやっているのも同じことなのかもしれない。(棗ひびき鯱いかり)

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 三善かなえ 早川きこ 御影かすみ 双葉みづき 双葉みなづき 時国そら 水嶌うしお

感想「純情*愛いっぱいのバレンタイン」[愛の贈答]sight:第一話~第四話

TOP > CATEGORY - 感想「純情*愛いっぱいのバレンタイン」

[愛の贈答]sight:第一話


 2月のイベントいえば節分やバレンタイン。この時期になるとコンビニやデパートは大慌てだ。

 君咲学院も、今年は男子生徒が転校してきていつもより浮かれた雰囲気に包まれていた。
 

 バレンタイン直前の学校。オカ研の部室を訪れた転校生はみなづきからチョコをもらう。

 しかし、転校生は何やら浮かない顔をしていた。


 この時期の転校生くんはというと。長かった年末のデスマーチを終え、ひまりから下僕くんをクビになった直後あたり。(感想記事一覧:1月)

 これまでヘルプマンがアイデンティティだった転校生くんは、ヘルプマンの役職を解雇されて途方に暮れていた時期だ。([雪祭り]:エピローグ①)

 今まで指針としていた部分を無くしてさぞ悩んでいたことだろう。


 と、いうのもあるし、実はこの時期、くるみが大量のチョコを作っていた期間とも重なる。([VD]エピローグ:③)

 保健委員のお手伝いをしている転校生くんは、まりあの胃袋がくるみ料理に犯される様を間近で見ていた可能性も高い。(夢路まりあ氷野くるみ)

 そりゃあ誰だってチョコ見たくなくなるよな。

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 早川きこ 御影かすみ 双葉みづき 双葉みなづき 時国そら 水嶌うしお

感想「純情*愛いっぱいのバレンタイン」[愛の贈答]:プロローグ

TOP > CATEGORY - 感想「純情*愛いっぱいのバレンタイン」

[愛の贈答]:プロローグ


 君咲周辺にはつゆりやセイラが入院していた大きな病院がある。

 ここは職業体験で使われたこともあり、学院ともそれなりにつながりがあるようだ。(八朔つゆり曽根セイラ、カテゴリ:[病院])
 

 同じ病院かはまだわからないが、そらの母親もとある場所に入院している。

 そら以上の超聴覚を持った母親はふつうの生活ができず、防音設備の整った病室で毎日を過ごしていた。


 つゆりがそらの母親に関して話したことがないのは、病院が違うのか、病室から出られないから面識がなかったのだろう。

 常人でも車や生活音で不快に感じることがあるのに、繊細な耳を持っていたら心労はなおさらだ。

 仮面ライダー クウガのペガサスフォームを思い出した。

 
 ちなみに、つゆりやセイラたちがいる病院には脱獄用のトンネルがあったり、患者が帰るのを拒んだり、治療の副作用で拾い食いするようになったりとさまざまな実績がある。([縁日]エピローグ:②[大晦日]人の縁:第三話)

 治療という名の実験でもしてるんじゃなかろうか。

 そらの母親が入院しているのも同じ場所かもしれないので少しばかり不安である。

続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

tag : 時国そら

ツイート
転校生の数
おススメ記事
カテゴリ
登場キャラタグ検索
サイト内検索
あんガル書籍ッッ!!
全生徒入場
クトゥルーあんさんぶる!1話
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ヘッダー一覧
つばさヘッダー@風流さん 2017/4/30 風流さんより 選挙管理委員会ヘッダー@ななおさん 2017/4/4 ななおさんより しずくヘッダー@抹茶翠 さんより 2017/4/1 抹茶翠さんより まりあヘッダー 2014/9/4 初咲さんより(自演) そら ヘッダー 2014/9/4 初咲さんより(自演) まいヘッダー 2014/11/2 初咲さんより(自演) こよ ヘッダー 2015/8/22 初咲さんより(自演)
QRコード
QR
相互リンク募集中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注意
当ページは、Happy Elements株式会社「あんさんぶるガールズ!」の画像を利用しております。 該当画像の転載・配布等は禁止しております。 (c)Happy Elements株式会社