感想「あんさんぶるガールズ」[同窓会]永遠の終わり:第一話~第十四話

TOP > ARCHIVE - 2017年12月

[同窓会]永遠の終わり:第一話~第十四話


 前日までの暗雲がウソのように滞りなく進行する『同窓会』。

 序盤の不穏な空気はなんだったのか。冷静に考えるとあんガルのジャンルは青春ドタバタコメディカードゲームなので、古代人の残した遺跡や怨霊なんかを心配する方がおかしかった。

 園芸部で見た変態植物も日日日先生のギャグだったのかもしれない。

 同窓会を開いた理由も謎のままだ。これもたいして深い意味はないのだろうか。


 なつみ「どうして、転校生くん(ユーザー名)は……そんなわたしのことを」


 鬱フラグを明後日に放り投げる中、ようやく物語の確信に触れ始める。

 どうやら転校生くんとなつみの間でなにかあったようだ。しかもなつみの話しぶりからすると、どうも転校生くんからなつみに告白したような雰囲気だ。


 なつみから転校生くんへの告白パターンは考えていたけど、転校生くんからなつみへの告白パターンは考えてなかったぞ。
  

 仮に転校生くんがなつみに告白してたとして、他の君咲生からの告白をはぐらかすのはちょっと嫌だな。
 
 そしてなつみは転校生くんの告白にはちゃんと答えていないようだ。

 なつみは幼なじみの距離感に慣れすぎている。自分からでも相手からでも距離を詰めようとすると離れていきそうだ。

 だから転校生くんから告白したとしてもなつみははぐらかしてしまうかもしれない。


 それにしても、転校生くんがなつみに告白してたとすると、ここまでの考察だいたい破たんするな

 これまで「総体から分離した転校生=ユーザー」という考えもあったけど、なつみルートの転校生くんくらいに考えたほうが良いかも。   


 あと一番の問題だと思う「閉じた世界」なんだけど、転校生くんとなつみの関係が閉じた世界をつくる原因になっているとしたらこんな感じだろうか。

・メインスト最後の方でなつみルートスタート

・転校生くんがなつみに告白したが爆死?

・しかし、なつみ、転校生くん共にお互いが諦められず閉じた世界を創る

・転校生くん閉じた世界から出られずツライなう


 転校生くんはハッピーエンドを迎えることができるのか。ストーリーはあと残り15話である。


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

感想「あんさんぶるガールズ」[同窓会]また会う日に:第一話~第十八話

TOP > ARCHIVE - 2017年12月

[同窓会]また会う日に:第一話~第六話


 夢に現れた謎の人物、蠢く変態植物、閉ざされた世界と総体から分離した転校生……

 様々な謎、不穏な空気を孕みついに『同窓会』の当日だ!


 にもかかわらず、転校生くんはコンピューター室でゆきの作ったゲームのテストプレイをしていた。

 他の生徒がイベントの準備に取り掛かっているのに、こんなとこで油を売っていていいんだろうか。


 そのゲームのタイトルは『あんさんぶるガールズ☆』!

 君咲学院で起こった出来事を元に作られたゲームである。

 これは転校生くんに頼まれて作られたようであるけどなんか意味があるんだろうか。

 最近の転校生くんはアクティブで自我があるから意味のある行動なのか推測するのが難しい。


 ゆき「そっちのほうがずっと簡単なのに……。わたしにしとけばいいのにな、難しい道を選ぶんですね」
 

 何度も告白し、それでも転校生くんを振り向かせることができなかったことを悔しがるゆき。

 しかしゆきはそれでも明るく前に進もうと決めていた。


 ツイッターなんかではわりとゆきちゃんの潔さを褒め称える意見が多かった。

 ゆきちゃんはなつみとも仲が良いし、幼馴染ふたりの関係を見てるからっていうのもあったんだろうな。

 
 ゆきちゃんの言う『難しい道』っていうのも何か意味深だ。

 ひまりへの憧れルートのことを言っているのか、なつみルートのことを言っているのか、はたまた第三の道か。

 転校生くんの明日はどっちだ。 


続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

感想「あんさんぶるガールズ」[同窓会]プロローグ~名前を呼んで:第十八話

TOP > ARCHIVE - 2017年12月

[同窓会]プロローグ


 待ちに待った、でも来てほしくなかった最終イベントがついに開催だ!

 いつも通り感想を書こうと思ってたけど案の定文章量が多く、年末の忙しい時期なのでちょっとした感想程度の記事を書いていくことにします。

 そしてこの記事が地味に700記事目でした。


 れいか「おおはしゃぎしましょう。お別れは寂しいけれど、卒業は悲劇ではないのだから」



 出会いがあれば別れもあり、君咲学院は卒業式を迎えていた。

 この別れがより良いものになるよう、れいかはみなを励ます。 


 このセリフ、君咲生にもさることながらユーザーにも言っているようで正直、泣ける。

 こんなこと言われたら笑って見送るしかないじゃいか!

 つれぇ……



[同窓会]名前を呼んで:第一話~第五話


 レンレン「ん? 本来は不自然な世界線だから? 世界線って何アルか、知らない日本語アル……。転校生、たまに変なこと言うね。」


 そんな卒業式から半年後。

 地味にサービス終了発表から最終イベント開始まで、リアルタイムで半年くらい経ってるので微妙にリンクした。


 新生徒会長となった我らが新転校生くんは体調を崩していた。

 保健室へ運ばれる道すがら、転校生は妙なことを口走る。


 あんガル世界はるりが時空をゆがめたことによって一部ループしている。(感想:[時代劇]

 そして、未来のるりは幸せな世界へたどり着いた恩返しとして、君咲生を幸せにする概念のようなものになっている。(感想:[大異変]

 ループは特異点である転校生くんを起点に起こっているようで、それゆえ転校生くんにループ前の記憶がある可能性もあったが、確証は得られずにいた。

 まあどのへんまで記憶があるのかも微妙だけど。

 リニューアル後にスキンシップが過剰になったのも、記憶が残っているから「このへんまでは触っても大丈夫だろ……」ってのがあったのかもしれない。


 個人的には『ループ前に記憶はない』説を推していたんだけどね。

 なぜなら以前の記憶があると、ループから抜け出せないことによって徐々に鬱になっていくパターンが多いからだ。代表的なのがまどマギほむほむ。
 
 これでは転校生くんがかわいそうになってくる。

 転校生くんが体調を崩したのも、周回数が増えてきた弊害なのだろうか。

 スキンシップが増えた原因がループを脱出する試行錯誤と考えたらツライな……。


 でも転校生くんがループを繰り返してる、または繰り返したい理由として思い当たるのが、なつみさんとの関係が発展しないくらいしか思いつかないんだけど
 
 るりは君咲生を幸せにしようとしていて、転校生くん(またはなつみ)の幸せがふたり一緒になることで、それが達成されないためにループしてるとしたら筋が通っているように思う。

 後期転校生くんがなつみさんをぞんざいに扱っていたのもループから抜け出す試行錯誤だったのか……?


 メインストーリーも、るりさんが頑張ってテコ入れしてたからね……正史ルートだとなつみさん勝ち目なかったっぽい。

 まあテコ入れしてもまだだいぶひまりルートなように思うけども。

 詳しくは帰宅部争奪戦⑤~⑥を参照だ!


続きを読む


 
このエントリーをはてなブックマークに追加


テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

ツイート
転校生の数
おススメ記事
カテゴリ
登場キャラタグ検索
サイト内検索
あんガル書籍ッッ!!
全生徒入場
クトゥルーあんさんぶる!1話
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ヘッダー一覧
つばさヘッダー@風流さん 2017/4/30 風流さんより 選挙管理委員会ヘッダー@ななおさん 2017/4/4 ななおさんより しずくヘッダー@抹茶翠 さんより 2017/4/1 抹茶翠さんより まりあヘッダー 2014/9/4 初咲さんより(自演) そら ヘッダー 2014/9/4 初咲さんより(自演) まいヘッダー 2014/11/2 初咲さんより(自演) こよ ヘッダー 2015/8/22 初咲さんより(自演)
QRコード
QR
相互リンク募集中
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

注意
当ページは、Happy Elements株式会社「あんさんぶるガールズ!」の画像を利用しております。 該当画像の転載・配布等は禁止しております。 (c)Happy Elements株式会社